結婚相手や婚約者の人間性

結婚に関わる調査の多くに「両家のバランスと価値観」が重要なポイントとなる。

育ってきた家庭環境や裕福さから発生する「価値観や考え方のギャップ」が後の結婚生活に障害やストレスをもたらすことに他ならないからである。

人生の先輩とも言えるご両親や親族が心配して調査を依頼する「結婚調査や婚約者の調査」の報告内容で最も感心が高い項目と言えるのである。

人間性や立ち振る舞いのなかで「育ちが悪い」という表現が連想させる行為にどのような状況が考えられるか?

例えるならば「食事中の癖」や「礼儀作法」などが想像しやすいかと思う。むしゃむしゃくちゃくちゃ音をたてて食事をする人物を不快に感じる方は多い事だろう。

せっかく作った食事を残す行為を何とも思わない育ちにも違和感を憶える方は少なくないはずである。

人として他人に迷惑や不快感を与えない躾をされて育った人物の目には上記のような人物は目に余ることは言うまでもなく、両親を見ずとも「結婚相手として相応しい存在では無い」と簡単に判断できる。

他にもこのような状況は日常生活や職場で多く見掛けられることだろう。

無意識に指をかじる上司やハンカチを持たずに生活する人物などが最も目に付く存在であろう。きちんとした常識のある両親のもとで育った人物で無いことは理解できてしまう。

男女問わず常識の無い人物は世間に多く存在し「無意識で周囲に不快感を与えて」しまっているのである。

日常生活の道徳心にも相通ずる話にもなり「公衆でのマナー」なども育ちや人間性が出るものである。

結婚調査の一貫として婚約者の素行調査を実施した場合には「列車の列に並んでしっかり乗降するか?

年配者や妊婦などに気配りを持って座席を譲る極当たり前の行為が自然に行える人物であるか?人にぶつかったら会釈して謝れるか?などは直ぐに結果に表れるといえるだろう。

このような基本的な行為は日常生活中に「本人の素」として表れやすいと言える。

結婚相手を間違えない判断を下すことを念頭に「探偵や興信所に調査依頼」することが望ましいことに間違いは無い。

探偵が婚約者や結婚相手の素行調査を実施すると「高額な調査費用が必要」とお考えになる方が世間には多く存在している。

実際に「異性関係に重点を置いた調査」ならばまとまった日数の調査が必要となるので否定できない。

しかし、上記の様に「人間性を見極める調査」ならば納得できる調査期間は必要最小限に止めることが可能であり、実質的に考慮しても週末2日間と平日3日の計5日間が充分な調査期間と考えられるのである。

このページの先頭へ

イメージ画像