既婚者恋愛の本気と遊び

既婚者が浮気して浮気相手に本気になってしまう感情は理解できる一面もある。

私自身、パートナーのある身で「相手に対して責任がある立場」との感情をもって日々生活し仕事や世間と向き合っている。

私が他の異性に心から向き合う状況になったならば「パートナーに責任を取る義務」が生じることだろう。

この考え方は既婚者であれば誰にでも当てはまる考え方であると思う反面、浮気を遊びと軽視している人物には思いも付かない考え方であろう。

要は「真面目か不真面目か」の問題であり、自身に科せられた責任を背負って生きるか?無責任に何も考えずその場だけ良ければOK!と考えて生きるかの違いである。

心に秘めた想いから「家庭を壊す恋愛」に発展してしまう方は多く存在している。

長年タイミングを逃した男女が大人になり、秘めた想いを告白する事無く他の異性と結婚し家庭を築く。

残された方はずっと独身を通し「密かに想う異性以上の存在に出会う事無く」年齢を重ねてしまう。

出会ってから25年経過して家庭をもった一方は子育ても一息つき自分の時間をもてる余裕があるものの夫婦関係は冷めている。

独身を通した一方は「生涯ひとりを想う人生」を通す決心をしている。

この状況で二人が再会してしまったならば「本気」になってしまう可能性は極めて高いと言えるだろう。

元々お互い好意を寄せ合っていながらタイミングが合わない男女関係であっただけなのだから。

浮気と本気のボーダーを考えると「極めて本気な既婚者の恋愛」である。もし、このような男女関係があなたのパートナーの身にあったならば・・・

昨今、SNSが流行し連絡手段やコミュニケーション手段が格段に進歩した。

何年も疎遠になっていた人物との再会は珍しいできごとでは無い世の中になったが「何年も疎遠になっていた人物との再会はトラブルに発展する」ケースにも成り得る。

一言で「時間が人を変えてしまう」場合があり、過去に最愛の人物であっても借金まみれな人物であったり、平気で嘘や裏切りが出来る人物に変貌していたりの可能性がある。

過去の恋人や思いを寄せていた人物だからといって「信用できるか?どうか?」は別問題であり、SNSで出会ってから再び交流を重ね判断しながら時間を過ごす事が必要不可欠に想う。

間違っても熱しやすい恋愛感情などの状況に陥ることのないよう自制をもった大人であって欲しいと著者は思う。

このページの先頭へ

イメージ画像