探偵と依頼人

探偵は依頼人から信頼されなければ「満足な調査結果」を出せない職業である。

依頼人から「この探偵大丈夫かな?」との思いを抱かせて「調査に関わる連携」がとれることは無いだろう。

細かなキャッチボールが正確に行えて「スムーズに調査」が進行する。もし、探偵に不安を感じたまま依頼してしまったならば上記の連携は実現しないのである。

探偵が信頼されない理由はいくつもあるが酷い例をいくつか書いてみたい。

まず、探偵と面談し「抱える問題について細かな相談」を行う。この時点で「依頼人が望む調査方針を無視」し「探偵が利益になる調査を勧める」場合である。

探偵目線で「調査が進められ調査結果が得られるか?」依頼人にとって不安になる状況である。多くの方は「本当に結果が出るだろうか?」と不安感を抱いてしまうだろう。

このような一方通行な調査を行う探偵は依頼人から信用されない。

次に、発言が曖昧であり「想定される結果」を知っていながらきちんとした説明を行わないまま調査を進める探偵は信用されない。

当然のことながら「探偵は過去の経験から判断し想定される可能性」を知っている。

依頼人のとるべきベストな選択よりも「探偵に都合の良い方向性」に調査を進展させるべく「都合の悪い物言い」を行わない探偵といえる。

第三に「軽率に依頼人の不安を煽る発言をする探偵」は信用できない。

依頼人が抱える問題が悪化した場合の「悪循環ばかり説明し必要以上に不安」な気持ちに貶める行為を相談時に行う。

結果、探偵が「軽率に口にした結末」など実際にはほど遠い状況下にも関わらず「無駄な調査を勧める」ことから「無駄にオーバーな探偵で信用できない」と依頼人の信頼を損なうのである。

いずれの行為を行う探偵に共通した事は「依頼人目線で調査を行わない」と言えるだろう。

依頼人が心配し思い悩むポイントに目を向けず「調査を実施し少しでも多く報酬得ること」にしか関心がない探偵は「依頼人に信用されない」。

信用以前に「このような探偵に相談してしまった場合は依頼を見あわせる」べき判断が望ましい。

このページの先頭へ

イメージ画像